コーチング受講日記②

おすすめ

12月いよいよコーチングセッション開始。

まず、「なんで僕を選んでくれたのですか?」という質問でした。

筆者の想いとしては、

① 認知科学に基づいたコーチングを探しており、それにバッチリマッチしたこと

② コーチの方が元会社員で、生き様が筆者に似ており、「尊敬できる・この人みたいになりたい」と感じたこと

の2点で、この方に賭けてみることにしました。

(コーチング料は、6ヶ月、月2回90分で415,000円、、、、)→自己投資にはお金をつぎ込みます!!

前回の復習から。

認知科学に基づいたコーチングでは、自分のゴールを設定します。

しかも、そのゴールは、自分の想定もつかないような、現状の考えられる枠の外に設定すると良いです。

ということで、ゴールを考えました。

筆者の場合は、お金が一番好き、というか、お金の成功に関しては、一生懸命考えていたつもりなので、

「年収1000万、40才でFIREを達成」というお話をしました。

8個のバランスの取れたゴール

ゴールの設定の仕方として、8個のエリアに分けて、それぞれのゴールを設定するとよい。

というお話がありました。

その八つとは、

・仕事

・人間関係

・仕事

・社会貢献

・趣味

・お金

・健康

・家族

・知性

の8つです。

この8つの領域でそれぞれ自分の現状の外にあるゴールを設定することがまず始まり。ということです。

「自分の現状の外にあるゴール」とは?

自分が想像もできないような、でも達成できれば、理想である状態のこと。

筆者が設定したゴールを紹介します!

【達成したいゴール一覧】(バランスホイール別)

・健康:サスケ完全制覇・フルマラソン3時間切り、40代になって20代のモデルに逆ナンされる

・お金:資産1兆円

・趣味:スノーボードハーフパイプ世界大会優勝、ダンスバトル世界大会優勝、海外自然遺産制覇

・人間関係:自殺のない世界を作る、自分の関わる全ての人が「幸せに生きている」と言える

・環境:全世界の国々に快適な家・別荘がある。家賃100万以上の部屋に住んでいる

・仕事:やりたくて勝手に目が醒める、何時間もずーっと勝手にやってる仕事をする

    世界中の人々にGotoの存在を知らしめる

    Times紙の「世界を変える100人」として表紙を飾る

・知性:ハーバード・オックスフォード大の教授とビジネス・哲学について語り合う

・大事な人:その人にとっての15点を達成している、その人がなくなったら、自分も後を追ってその場で死ぬほど愛したい

できるだけ自分の考えがつかないようなゴールを一生懸命考えました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました